こんにちわ、岡崎市の喫茶店&居酒屋の寿木(スギ)のフミです。

 

お盆って連休ですけど、帰省したり家でまったりしたりして家からほとんど出ないと思います。

去年を思い出すと僕はお店には入ってなかったのですが閑古鳥だったような気がします。

 

今年もお盆だしヒマなんだろうなぁと思っていましたが、

ご家族でご飯&お酒を飲みに来てくれたり(j子さん家族ありがとう♪お母さんとまた来てくれるの待ってるよ♪)

 

同窓会をやっててその二次会で団体さんでご来店していただけたりで、
閉店まで楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 

そんな団体様とお話をしたときの話なのですが、

 

「実はこうやって一緒に飲んではいるが中学校、高校と6年間一度も話したこともないし同じクラスになったことはないんだよ」

「それこそ部活も全然違うくて話の共通点もなかったのに、今こうして酒を飲めるのは凄く大切なことだから人との出会いはどこでどうなるかわからないから大切なんだよ」

 

そういいながら笑顔で乾杯するオジ様二人。

 

なんて言うんでしょうか、二人の目が少年の頃に戻ってる感じがして凄く絵になってました。

 

僕の中でお酒って凄い人間性がでるものだと思っていてどんなに高いお酒を飲んでいても
一緒に飲んでいる相手が自分に合わないとホントにおいしくない。

逆にどんだけ安い酒でも相手次第でその日の夜は最高な一日になると思っています。って、
僕の持論は置いといて話を戻すと何が良かったって年齢を重ねても現在(いま)こうして笑いながら一緒に飲めるってことです。

 

やっぱり若いころと違ってそれぞれが大人になり人それぞれ違う道を歩みだして
六ッ美という地域で会うことも少なくなっていくけど、同窓会であえば再び昔の話で華が咲いて、
年と共に記憶は薄れていってしまうけどその時は誰もが少年少女の時になる瞬間って素敵です。

 

これは受け売りですけど

【人間生きてりゃ色んなことがある。そんなのはみんな一緒だからいつの日でも馬鹿を言って酒を飲めるやつが人生を楽しめるんだ】

 

寿木としてできることと言えば1人でも多くのお客様が飲みたい時に飲める空間づくりなので、
年齢も性別も関係なく気軽に足を運べるように日々精進して頑張っていきますのでよろしくお願い致します。

 

それでは今日はへんで^^

スポンサーリンク
おすすめの記事