愛知で船釣り初心者ならばおススメは七福丸!
スポンサーリンク

 

むかーしむかしのこと。

 

奥さん側のおじいちゃんに船釣りに連れて行ってもらったのですが、
今回初めて素人丸出しですけど人生初、自分たちで船釣りに行ってきました。

 

こんにちわ岡崎市で喫茶店と居酒屋を営んでいる喫茶寿木のフミです。

 

さて、船釣りといえば船頭さんが海の漢でちょっとイカついイメージとかありません?あと船酔いとか心配だったり、一番は初心者が何も知らないのにちゃんと釣れるのかが心配だったりしますよね。

それにまた行きたいなと感じれる、そんないい思い出にするためにも、どの釣船を予約すればいいのかが凄く重要になってきます。

 

ちなみに僕も船釣り初心者だったので色んな人に聞いたりして自分たちで体験した結果、愛知の知多半島で船釣りをするなら”七福丸”が絶対的におススメだと思ったので今からそのすべてをお話ししていきますね。

スポンサーリンク

七福丸はHPが見やすいから予約もしやすい

 

お店のお客さんでも船釣りに毎回行っている人でも船釣り初心者が選ぶならどの船がいい?と聞けば必ず1.2番目に七福丸さんの名前があがってきました。(※ちなみに他の船の名前も何個か出てたけど忘れました。)

 

経験者が何人もいて口を揃えていうなら間違いないということで七福丸さんにしたのですが、まずHPやSNSをしっかり駆使しているのにはびっくり!七福丸さんのHPを見てもらえば分かるのですがとにかく見やすいのが印象的。

 

釣果速報で今何が釣れているか写真でUPされていますし、何より下にスクロールしていくと”初心者大歓迎!はじめての方へ”のページがあり当日の準備やどうすればいいか事細かいに説明してくれているのがありがたい。

 

ちなみに予約の仕方は簡単でHPを開くと”出船予定”があるのでそこであなたが釣りたい魚のコースを見て数日の乗合予定を確認し、空いているようであれば0569-63-0472に電話するだけです。※そこで船釣り初心者なんですと伝えれば当日何をすればいいのかを詳しく教えてくれます。

 

当日に自分で用意するもの

 

七福丸は有料ですが竿とリールは貸し出してくれて仕掛けとエサも支払う料金の中に入っているし、釣った魚をいれるクーラーボックスが無くても受付で買うことができるので、その他で持っていくといいモノを紹介していきますと・・・・

 

水分:8時間くらいは船の上にいるので季節や体調に合わせた量があったほうがいいかと。

 

食料:釣りをしながら食べれるもの。エサを付けたり魚に触ると手が臭くなるので袋を開けて直接食べれるパンとかがベスト。(今回コンビニのおにぎりをもっていったけど船の揺れでノリが巻きづらいし臭い手でノリ触るから美味しさ半減でした)

 

着替え:着替えは必至。着替えが嫌ならレインコート上下は絶対に持って行ってください。移動の返し波で濡れ、釣った魚で濡れ、なんやらかんやら兎に角、濡れたり汚れます。

 

酔い止め:せっかくの船釣りが船上でゲロして寝て終わりだと残念でしかないので持って行くことをおすすめします。ちなみに飲むのは船に乗る30分~1時間前。

 

撥水性のある座布団的なもの:撥水機能がある座布団があれば持っていってください!というのも座るところが硬いので何もないと道中しんどい想いをします。(ちなみに僕は次の日、座るところの固さと船の振動により尾てい骨炎症になり、痛くて一日寝ることとなりました)

 

タオルや拭くシート:飛び散った海水を拭いたり手をふくのにタオル。陸に付いたときに体がベタベタするのでコンビニとか薬局に売ってるシート買ってくと帰り道に不快な思いをしなくて済みます。

 

集合時間に間に合うように考える

 

受付する時間と船が出向する時間は決まっているので時間厳守で間に合うように行動することが大事。ちなみに僕は店の営業があったので23時に家を出て七福丸の駐車場で仮眠して当日挑むことにしました。

 

ここで大切なのは睡眠時間。

 

ちゃんと寝ておくことでを取ることで船酔いもしにくくなるので、前日ワクワクする気持ちも分かりますが深酒もやめて多めの睡眠時間をとって当日楽しい船釣りにしてください。

 

あと、受付をしてから座る場所を選べるので気持ち早めに行くといいのかもしれません。

船の上ではスタッフさんが丁寧に教えてくれます

 

船に乗って釣り場までは船内のクーラーが効いた部屋にいるのもよし、外の景色を眺めて待つのもまた思い出。ちなみに外で釣り場まで待つ場合、波が凄いこと顔や体にかぶさってくるので夏はいいけど冬だと震えてしまうかも。

 

それで釣り場に付くと船頭さんが魚群探知機を見て○○mぐらいと言ってくれるので、その深さに合わせて糸を垂らします。その時にやり方が分からない初心者には七福丸のスタッフさんが本当に丁寧に教えてくれるので心配することは何もありません。

 

さらには隣同士で糸が絡まった時、魚が釣れた時も手取り足取りスタッフさんが動いてやってくれます。

 

最初に釣れたサバもスタッフさんが〆てくれました。

 

あとちょっとしたことだけど、釣りをしている最中に「あげて下さい」と言われたらそこでは釣りにくく、場所移動する合図なので糸を巻き上げて竿を置くことを覚えておくといいかもしれません。

陸に帰った後の七福丸さんの気遣い

 

時間が来ると陸に帰るのですが、波に揺られ体力を奪われたせいかグッタリなるので船内で寝ていくといいかも。

 

それで陸に帰ってやっぱり七福丸にして良かったと思えたのが、お茶とお菓子を用意して待っててくれるんです。余談ですが隣でやってた人曰く、ほかの船だと釣りの最中に怒られ、帰った後も早く帰れよオーラが凄いとのことなので、こうやって気が使えるところはおススメしたいシーンですね。

まとめると船釣り初心者こそ七福丸!

 

結局、この日釣れたのはサバ1匹とイサキ3匹となりましたが船釣り初心者としては上出来だったのではないかと。それよりも何よりも七福丸のスタッフさんのおかげで楽しい船釣りデビューができたことのが大きかったです。

 

あと貸し竿だと重たいしリールが手動なので巻くのが大変!次の日筋肉痛になりました・・・・ちなみに電動リールとか買いそろえると10万円コースとのこと。

 

でも楽しかったのは間違いないのでもし愛知県で船釣りしてみたい、だけど初心者だし大丈夫かなって思っているのであれば七福丸さんで予約してみてはどうでしょうか?

 

追伸

 

魚が釣れると七福丸のHPにある釣果のところに写真がアップされるようで僕も撮られたのですが、どうもみんなと撮り方が違ったようで浮いていました。

七福丸の釣果結果より

 

もし釣れなかったとしても近くに豊浜市場があるので最悪の場合そこで魚を買って、きまぐれクックで有名になった”変な魚おじさん”がいるので一緒に写真を撮って帰るのもありです。

 

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事