スポンサーリンク

こんにちわ、日本一ブログを頑張る個人喫茶店の喫茶寿木です。

 

こうやって書くとお店のことを頑張ってないと思うかもしれませんけど、
毎日頭がパンクするほどいろんなこと考えては行動しています(笑)

 

では話をもとに戻すと、あなたの周りにはどんな人がいますでしょうか?

 

毎回愚痴ってばかりで実際は何も行動しない人。

人の功績を自分の物にして評価を得ている人。

いつもスマートでみんなに好かれる人などなど。

 

十人十色と言われるように様々な人がいると思います。

その中でも尊敬できる人ってると思いますが、
あなたが尊敬できる人はどんなタイプの人でしょうか?

 

というのも今日の話は僕が最近この人ってホントに人生楽しんでるなって思える
人生の先輩でもありお店のお客様でもあるかたの生きざまです。

 

人生を楽しんでるって言うと自由でいいなって思うかもしれませんけど、
自分の好きなことをして毎日を過ごすということがどれだけ難しいことやら。

今の自分が本当にやりたい仕事をやって思い描いた毎日を過ごしてるって人が
この世の中に何人いることでしょう。

スポンサーリンク

苦労を楽しまなきゃ自分の糧にもならない

とにかく苦労するのってみんな嫌いですよね?

僕も学生のころ勉強が大嫌いだったのでテスト前とか机の前に向かっても
文字が暗号に見えて催眠術にかかったように寝てたのを思い出します。

知らないことを覚えるのってすごく大変だし精神的苦痛にもなりますしね。

 

でもその尊敬している人は『苦労をするのを楽しめ』と言います。

実際に苦労するってことは夢を叶えるための行動する時間であり、
それをしないで成功はありえない。

それにもし仮に失敗したとしてもそれは知識になり
次に生かせるので決して無駄な時間にはならないと。

 

これって頭の中では分かっているけど出来る人って凄く少ないのでは?

努力を馬鹿にする人間をそばにおいてはだめ

新しい何かを始めようとして努力していると必ずと言って邪魔をする人がいます。

 

「成功しないからやめとけ」「お前には無理」「みんなもうやってるし儲からないよ」
みたいな言葉であなたが頑張っていることを全否定。

 

だけど考えてもみて下さい。

 

あなたを否定する人があなたのやりたいことの何を知って言ってるのかって思いません?

たしかに生きていれば経験上で軽い知識はあることでしょう。

しかし、ただそれだけのことで上辺だけの知識で否定しているだけ。

 

仮にそうではなくて同じことを目指して失敗したのであれば苦労も知っているので、
的確なアドバイスもできるし応援しようという気持ちになると思います。

 

だからこそ自分の努力や苦労を馬鹿にするような人間はそばにいても何もメリットが無く、
逆に頑張れよって言ってくる人の為にも結果を出さなきゃいけないって思ってたほうが
今やっていることが何倍にも面白くなってきますよね。

苦労して努力したからこそ言葉に重みがでる

例えばダイエットを始めた人がいて何もせずに今までの生活をしてるのに、
「今ダイエットしてるんだー」と言われても全然響きませんよね。

 

逆にカロリーコントロールをして運動してそれを誰にも言わず、
数か月後10キロ痩せてた人が同じことをいったら言葉に重みがあると思いません?

 

きっとその間はとてつもなくしんどいことでしょう。

自分と真摯に向き合って辛いと思っても歯を食いしばって目標に近づけるのですから。

でもそれを乗り越えたからこそ結果が付いたからこそ言葉が言霊となるのです。

 

僕もいつも良くしてもらっている先輩の背中をみて生活しているのは、
その人が自分がやってきた経験を僕に話してくれたりアドバイスしてくれるから。

もうぺらっぺらな上辺だけの知識だけで話す人とは雲梯の差です

言葉が言霊になっていると不思議なことに素直に話も聞けるし
それこそ自分も頑張ろうって気持ちになってくるんです。

 

『辛いけど楽しい』

たったこの一言に重みを出せる人って見えないところで
凄く苦労してるんだって思うのは僕だけでしょうか?

とにかく人生は楽しまなければ損

『この年から新しいことをやれて楽しい。でもこれは若い時にやりたいことをやらずに後悔してきたから
その反動で今は新しいことに挑戦している』

そう笑顔で話してくれた先輩の話でした。

 

実際にこの会話をしていた時、僕が60歳を超えて後輩と話す機会があれば(生きていれば)
同じように伝えれるような人間になりたいと想ったのはいうまでもありません。

 

生きてれば何をしていたって年はとっていくのでどうせなら沢山苦労して
言葉に重みをだせるカッコいい大人になっていきたいですね。

 

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事