こんにちわ。

岡崎市で喫茶店と居酒屋をやっている喫茶寿木です。

 

前回、お客様から頂いてヒラマサを捌いて調理スキルを上げた話をしました。

 

そのヒラマサをくれたお客様と一緒に飲んでいる時に、
「また魚が手に入ったら持ってきてあげる」
という約束をしてたら先日、真鯛とコチを持ってきてくれました。

 

しかも真鯛もコチも船釣りなのですがその場所がなんと幡豆とのこと!

 

キャプテンに何度か船で連れて行ってもらった場所で
こんな大物が釣れるなんてかなり悔しい。

 

だけど頂いた魚に感謝して美味しく料理するのが調理人としての役目。(まだまだ”もどき”ですが)

 

ということで前々から大きい魚を捌きたいって言っていた友人と一緒に
真鯛とコチを料理しました。

スポンサーリンク

真鯛を料理する基本はユーチューブ

ほんと今の時代って便利ですよね。

魚屋に修行に行かなくたって料亭で働らかなくても、料理する方法がネットで調べれるのですから。

 

そのおかげでいままで釣った魚のさばき方とか全部学べて料理できるようになったのでほんとネット様々。

今回も動画で調べて実際に料理してみたので手順を紹介していきますね。

 

まずはウロコを調理器具でゴリゴリ剥がしていきます。

たっだウロコ取りだけでは背びれ周りや腹周りは上手に剥がれないので、
剥がれにくい場所は包丁の裏を使ってウロコをはがします。

 

綺麗にウロコをとっておかないと後々の工程で支障をきたすので
手で触ってウロコがないと分かるくらい綺麗に処理します。

 

ウロコが綺麗にとれたら真鯛のお尻から頭に向かって包丁で切ります。

内臓などを綺麗に手でとると奥に血合いがあるのでその周辺を包丁でガリガリして
綺麗になるまで水で洗います。

これで魚の下処理は7割終わり。

逆に言えば下処理さえしっかりできればどんな風に料理しても美味しく頂けます。

 

内臓系を取り血合いを綺麗に洗った後は胸びれの後ろと腹びれ後ろが直線状になるように頭を落すと、
カマと頭が綺麗に切り落とせます。

 

あとは中骨に沿って三枚おろしにすれば、、、

あなたもよく見る刺身姿が見えてきました。

ここまでくればゴールはもう目の前。

 

中骨を取り、皮を上手に剥がせばお刺身の完成です。

はい、これで真鯛の刺身ができました。

あとは映えるように刺身を添えれば完成です。

自分で捌いた真鯛の刺身はまた格別に美味しいですので、
魚を捌いたことがないからと苦手にならずにぜひチャレンジしてくださいね。

 

今回はコチも頂いたので記事にしようかと思いましたが、
コチは思った以上に捌きやすかったので写真ダイジェストで。

PS

 

ちなみに刺身以外の部分、カマは切り落として塩焼きにして
頭はダシにしてお茶漬けにすると最後まで真鯛の美味さを味わうことができます。

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事