子供と一緒に町内を回ったらお尻が痛い

先日、その前と久々にご来店してくれたお客様、新規で遊びに来てくれたお客様ありがとうございました。

お酒(ガソリン)を頂いたおかげもあって、はっちゃんもいい感じに二日酔いです♪

 

こんにちわ、岡崎市の喫茶スギのフミです。

チラシを見たって声を頂いてます、大変ありがとうございます!そして本日は夕方より子供たちとチラシ配り行ってきました。

二時間以上付き合ってくれてありがとう。

 

それで今日の発見が一つありまして、子供たちのが人との付き合いを大切にしていたんです。

二つの町内に行ったんですが行くとこに数人の友達が必ずいるんです。

すれ違った車をちらっと見ただけでも「あれ、〇〇君のお母さんだよ」とか「おーい〇〇ちゃんのお母さーん」ってなっててどれだけ地域のコミュニケーションとってんねんって。

逆に子供に、もっと地元で生きているならパパもそうしないといけないよって教えてもらった感じがします。

 

大人になると道ですれ違った人にも挨拶さえしなくなるし、やってもらったことに対してありがとうも言えなくなってしまったりするコレって何でしょうね。

 

それなのに子供には挨拶しろやらごめんなさいは?

って叱ってた自分が恥ずかしいと思っちゃいました 汗

 

教えてもらうってことは年上だろうと年下だろうと関係なくて自分自身が学ぼうと心構えをしていないと全く意味がないってことですね。

昨日もよく来てくれるお客様と飲んでていつも良いこと言ってくれたんです。

その言葉が胸に響くこと響くこと。

決して学校や会社で教えてもらうことのできないことをお店で知り合ったからこそ学べるっていうのが居酒屋の醍醐味かもしれないですね♪

 

ある会社の社長さんが「酒を家で飲んでいても何も付き合いが生まれるわけではないから、同じ酒を飲むならできるだけ外で飲め」って言われたことがあります。

なので僕も他所のお店に行くときは必ず個人店のお店に飲みに行きます。そこにはマスターやママさんがいて常連さんがいて色んな話を聞いたり発見ができるから。

 

うちもそうですが、個人の飲み屋さんって入るまではココってどんな雰囲気だろうと気構えちゃうかもしれませんが、それも一つの楽しみって感覚で行くと面白いです。

 

スギも場所が場所なので入るまでに躊躇すると思います。でも若い子が来ても気軽にしゃべってくれるおっちゃんがいたり素敵なマダム達がいたりで実はアットホームなところだったりします。

”百聞は一見に如かず”

飲酒が厳しい時代なので飲みたいけど遠くに行くのはタクシー代やら代行代がもったいないけど地元ならどうでしょ。

ちょっと歩いて飲むビールは最高にうまいです^^

 

帰りは気にしないでください、うちのノリ君が送っていてくれます(加齢臭するかもしれませんけど)

宅飲みもいいけど地元飲みもどうですか?

 

喫茶スギでご来店お待ちしております^^