サヨリを求めて数週間。。。

過去に釣れたことはあるけど、いつも一匹だけ。

 

大漁に釣って刺身にしてサヨリを食したい願望に駆られた休日がやってきました。

 

こんにちわ、岡崎市で喫茶店と居酒屋をやっている喫茶寿木のフミです。

スポンサーリンク

三河湾にだってサヨリは泳いでいる!

 

2018年10月最後の日曜日からさかのぼること数週間前にサヨリが釣れていた話を以前しました。

 

とはいってもサヨリ一匹なのですが(笑)

 

碧南トンネルを西尾側から通ってすぐの場所で、
達人さんがたは沢山サヨリを釣っていました。

 

つまり誰かが釣れるってことは僕らでも釣れるという
単純な脳みそ思考なので、今回も行ってきましたー♪♪♪

 

西尾のイシグロ屋さんで仕掛けとエサを買い、
衣浦トンネルをくぐっていつものポイントで釣り開始。

 

ちなみに友人はちょい投げ、僕はコマセ釣り。

 

サヨリサヨリ~

サヨリどころか何も釣れないけど・・・・

 

竿を振って30分、アタリさえない釣りをしていて一番空しい時間が続きます。

 

ちなみに釣り初心者がこういう時どうしたらいいのか知ってます?

 

その答えは・・・そのへんで釣っているおじいちゃんに話を聞く!
これが一番いい方法です。

 

話を聞いてみる勇気が少し必要かもしれませんが
何も釣れない一日で終わるよりかよっぽどかマシだと思いませんか?

 

というわけで今回も隣で釣りをしているおじいちゃんに聞いてこの辺の釣り事情を調査。

 

そしたらなんと『サヨリは数週間前から回ってないよ』とのこと。

チーン。

サヨリは諦めて西尾市の14号地へ

そもそもサヨリは回遊魚、ある程度場所は決まっていても今日釣れるとは限らない魚。

だがしかしSFCの信念は”ボウズでは帰れない”

 

サヨリをスパパッと諦めて落ちハゼ狙いで西尾市の14号地へ。

 

三河の釣りスポットでは有名な場所で、
実際に僕らもボウズで帰ったことはない場所です。

 

そして今回も、量は少ないけど釣って帰ってこれました。

今時期のハゼはサイズアップして旨し!

家に帰って今回は唐揚げで食べたけどめちゃくちゃうましでした!

スポンサーリンク
おすすめの記事