レーシックをやって視力が落ちたからまた挑戦しようと思ったのに。。。

あなたは自分のことが好きですか?

 

きっと自分の性格で〇〇なところは嫌いってことはあるかもしれませんが、根本的には「はい」と答えると思います。

 

こんにちわ、お店で有名になるよりもブログを日本一頑張っていこうとしている喫茶店寿木のふみです。

 

 

 

今日の話は体についてなのでまたまた寿木のこととは関係ないので、根っからの寿木内容で書いてあるブログファンの人はいつものようにページを閉じてもらって下さい。

 

 

それではいきますよ?

 

おっと、その前に過去の話を少しだけしないといけません。

 

さかのぼること10年以上前、はっちゃんと僕はレーシックの手術をしました。

 

レーシックというのは視力を回復させるために網膜だっけな?それをいじって目をよくする手術で、当時0.1だった視力が1.2に上がりました。

 

当時の費用は40万円ほどで、今だと両目でも10数万円ぐらいで手術できて技術も上がっているのでいい時代になったものです。

 

 

当然一生治った視力だとうと思っていたのですがその視力は長くはもちませんでした。

 

はっちゃんは年には勝てず老眼になりつつあり、僕はといったらPCで目を酷使しすぎて10年の月日が半分の0.6に。

 

運転をするぐらいなら困りませんがお店の中で綺麗なお姉さまの顔が見えなくなるのは嫌だ。

 

だからもう一度レーシックをしてもとの視力に戻してもらおうと眼科に行ってきました。

 

 

しかし眼科に行ってみればそれ自体が遅すぎたみたい。

 

無料でレーシックの再手術ができると言われていたのが行政のおかげで費用が必要と言われるのはしかたないことですが、目の膜が一回のレーシックで削った影響と酷使しすぎたせいで薄くなって再手術ができない体になっていたようです。

 

遠回しに二度と裸眼で誰かを見ることができないと宣言され、正直に言うとショックが大きいです。

 

 

一生コンタクトか眼鏡をかけないとしっかり見えない人生が想像できますか?

 

朝起きたらすぐに洗面台に向かってコンタクトを入れるとことから一日が始まり、たまにずれて痛い思いをしたり、旅行にいってコンタクトを忘れてブルーになったり。

 

眼鏡生活も同じでラーメンを食べれば目の前は白くなり、雨の日なんか最悪でいくら拭いても視界は悪いまま。

 

この10年間レーシックのおかげで快適だったものが全てなくなる現実が辛すぎます。

 

 

でも見かたを変えれば自業自得だったのかもしれません。

 

いくら世の中が便利になったといえ肝心なところは自分でどうにかしなければいけないのに、甘えに甘え何もしてこなかった結果だと。

 

この世に生を受けてから死ぬまで付き添っていく体で何か一つ悪くなれば不便が一つ増えていきます。

 

あなたも今はいいけど未来はどうなるかわかりませんのでどうか体を大事にしてくださいね。

 

PS

 

今まで眼鏡なんて改めてレーシックをすれば必要ないと思っていましたが命尽きるまでの相棒となってしまったので新しいものを購入。

 

眼鏡はファッションに合わせれるのでお出かけ用、スーツ用、お店用と分けてケースバイケースで付き合っていくことにしました。

 

ただ新しい眼鏡をゆなと選びに行ったのですが宮川さんみたいと言われ、福山雅治似が台無しです。(自称なので一切クレームは受け付けません)

 

やっぱり裸眼が一番です。

 

もしレーシックをやって視力が戻った人はなるべくスマホやPCばかり見るような生活習慣を改善して、遠くをみたりして視力を落さないようにしてください。

 

そうしないと何年後か僕のように自分の首を自分でしめることになってしまいます。