ベロベロ会と称して夜中の3時まで戯れた土曜日。

 

何が一番怖いって次の日が二日酔いで一日を棒に振る可能性があるってこと。

しかしお酒を上手に飲む人たちには関係ないことでむしろ本音で語れる会となりました。

 

こんばんわ、岡崎市で喫茶店と居酒屋を営んでる喫茶寿木のフミです。

 

普段の日曜日であればきっと遅くまで寝ていたことでしょう。

 

しかし6月24日の今日は六ッ美地区で身にソフトボールの大会ということもあり、
三つの町内からお弁当やおにぎりの依頼を頂きました。

 

誠にありがとうございました!

 

当然、同じ会場で大会をやっているので配送場所、仕出し時間も一緒。

 

ということで眠たい&二日酔い(現実には酔っ払い)だけど気合で、
ほんと気合で起きてせっせとご注文いただいたお弁当を作成。

 

 

 

最近特に思うのですが、誰かに食べてもらうために思いを込めて作るのってホントに楽しい。

 

不味いって言われるのは心のど真ん中にグサってくるけど何回も試行錯誤をして繰り返して
美味しいと言われる感覚といったら作り手としては至福の瞬間です。

 

それにどの料理をとっても奥が深い。

揚げ方一つとっても温度だったり上げる粉だったりと一個違えばそれだけで味が変わりますしね。

 

だから朝早くにお弁当の注文が入ってるから仕事としてやるのは当たり前ですが、
それ以上に食べてもらえるってことがうれしいから二日酔いだろうと楽しんで作れます。

 

ちなみに本日頂いたお弁当の完成はこちら。

 

 

 

またの機会がありましたらよろしくお願いいたします。

 

・・・・と普段であれば寿木の日曜日は終わりますが
次は本郷町の打ち上げのためにオードブル作り&宴会準備。

 

4時からスタートなのでそれまでに料理を作り~準備をして~。

一時間でも寝れば昨日の酒も完全に抜ける~。

そんな気持ちでいたのになぜでしょう?

 

全然寝れずに気づけば宴会時間で晩御飯を食べたのも8時ごろ。
体はしんどかったけどそれでも仕事としては充実した一日なのでよかよかって感じです。

 

PS

 

少しだけ晩酌すれば寝やすいだろうと思って
お酒を飲んだら逆に寝れなくなってただいま午前2時。

 

結局、平日だろうと休日だろうとこの時間に体内時計が設定されてるってことですかね。

スポンサーリンク
おすすめの記事