こんにちわ岡崎市で喫茶店と居酒屋を営んでる喫茶寿木です。

 

リフォームからのリニューアルを経て1年が過ぎ、
2年目に突入したわけですけど今年の目標を決めていませんでした。

 

ちなみに1年目の目標は「認知してもらうこと」ってことでブログを始めてみたり、
六ッ美中部エリアにチラシを配ってみたりとできることを行動に移してみました。

 

それで2年目はどこを目標にしてやっていこうかと決めましたのでお時間があればお付き合いください。

スポンサーリンク

馬鹿にされ続けたけどやり続けた1年から学ぶ。

 

あなたはこの記事を読んでくれましたでしょうか?

 

仕事ってやっている理由を10個言えないと、その仕事をやってはいけないって話しでしたが
僕はいまだに10個どころか『仕事が楽しいからやってる』しか言えません。

 

でも、一生懸命です。

 

一生懸命だからこそ料理も頑張れるし、
お客様との輪を大切にできます。

 

もっと言えば僕が寿木に入りだしたときに
「お前みたいな中途半端者が1年も持たずに投げだすんだろ」
そう言われたこともあります。

 

でも、まだお店に僕はいます。

 

まぁその他にもいろんなことで馬鹿にされてきましたけど、
言われ続ける底辺人生は慣れてますし
そこでいちいち凹む道中よりも結果が大事。

 

はっちゃんも笑顔が増えて仕事してるし、
新しいお客様も足を運んでくれるようになってきたし。

 

これも結果ですよね?

自分で言うのもあれですが寿木はたった1年でだいぶ変わったと思います。

でも現状に満足してないのでさらなる成長を。

 

もっとこうしていきたい!もっとこうなりたい!って気持ちが2年目にぶち込もうと思っています。

 

ある一人のお客様が言った言葉があります。

 

「俺みたいにどっかに飲みに行きたいけどお店のことを知らないからこれなかった。」

「でも寿木に来てみればすごく居心地がいい。もっと俺みたいなやつがお店にこれる店にしてほしい」

 

そんなお言葉をもらっただけでもありがたい話なのですが同時に、
寿木ってお店はそうあるべきなんだと感じさせてもらえました。

 

今の居酒屋と言えば個室があってプライベート空間が守られているスタイルが流行っているけど、寿木はその真逆でいい。

 

地元の人がいるから来にくいイメージよりも、地元の人とつながりができるからこそ楽しいお店って思われるようにするのが寿木としての役目だと思っています。

2年目の目標は「輪」にしました

 

人は何をしていたら幸せなのか?

高いお酒を飲んでいたら満足?

 

案外そんなことはどうでもよくて、毎日の終わりに気の合う仲間と話たりお酒を交わしてたら
じつはそれが一番幸せな飲み方だったりするものではないでしょうか?

 

だれかに悪いことが起きたらそれをフォローしてあげたり。

逆に良いことがあったら幸せをもらったり。

 

人との繋がりが自分を成長させてくれるものって知ってるから
寿木には沢山の「輪」を提供できる場所にしたいです。

 

最初は一人かもしれません。

 

だけど気づけば挨拶ができるようになって、
気づけば隣で話せるようになって。

 

そんな「輪」が広がっていく地元の喫茶居酒屋を目指して頑張ります。

スポンサーリンク
おすすめの記事