お酒を飲むときにはつまみを頼んだほうがいいたった一つの理由

今日のブログはタイトル通りの内容です。

 

お酒を飲むときにつまみを口にしたほうがいい理由。

 

単純に酔うのも早いし次の日がきついから!!

 

 

 

昨日、寿木で遅くまで遊んで行ってくれたお客様、ワタクシ後半の記憶一切ありません。

 

カウンターやらボックスやら移動するたびにお客様からお酒を頂いたのは覚えています。

 

が、しかし。

 

何の会話をしていたのかどうやってお店を片付けたのか、そしてなぜ裸で寝ていたのか。。。

 

全てが記憶喪失。

 

ラインを見てみると怒っている人はいなかったので粗相はしてないと思いますが、とにかく本日の二日酔いが心地よく気持ち悪さを演出してくれます。

 

これもそれも、お酒を飲む量は知れているけど酔っ払った理由を考えるとお昼ご飯から何も食べてなかったんです。

 

お客様が注文してくれる料理を作って食べていただいてる姿を見るたびに「いいなー。腹減ったなー」と思いつつ空腹をお酒でごまかしてました。

 

そしたらりっぱな酔っ払いが出来上がり。

 

 

居酒屋のお店側が酔うなんて普通にやっちゃいけないことだけど、これもすべてお客様が優しくて楽しい人ばかりだから僕も甘えちゃってるところがあります。

 

しかし毎回酔っ払っていたのでは話にならないか、今日から酔わないためにも何か食べながら営業します。

 

じゃないと次の朝しんどい。

いつまでたっても痩せる体質にならない。

 

なによりお客様にいつか怒られそう。

 

ということで今日は飲まないように心がけます。

影のようにひっそりと僕は営業しますのでよろしくお願いします。