今の時代はコンビニなどで商品の詳細を見てみると
カロリー表示が当たり前のように記載されています。

 

僕も太ったと周りに言われるようになり
カロリーを気にするようになって食べ物を選ぶようにしましたけど。。。

 

全然痩せない!

むしろ体調が悪くなるし!

それに日中よく眠たくなるようになりました。

 

どうもカロリー数値だけを気にして痩せようと思ってコントロールしても
体調不良になるだけであまり意味が無いみたいです。

 

それに居酒屋で飲み食いすると太るからと疎遠になるのは僕もとても残念なことなので少しだけお時間を頂けたらと思います。

スポンサーリンク

カロリーよりも栄養バランスを考えなければ痩せない

太ったもしくはデブと言われ気にしだしたカロリーという数値。

 

実は二週間ほど誰にも言わずに平日だけですが、
安定したカロリーで栄養もあるからということで
”おにぎりだけダイエット”を密かにやってました。

 

僕の年齢だと一日のカロリー摂取量は2400キロカロリーなので
朝にはおにぎり1個、昼は2個、夜は1個。

 

同じ大きさで同じカロリーなので計算しやすいので
カロリーだけを見れば1000カロリーほどです。

 

それなのに痩せないし逆にさらに太った感じがしたので原因を調べたところ、
炭水化物だけを摂取していたので体の組織に必要な栄養分がまったく摂取できていない
”栄養失調状態”を自分で作り出していました。

 

自分で痩せたい気持ちとは裏腹に自ら基礎代謝を落して太りやすい体質を増やしているだけでした

 

代謝とはあなたもご存知の通り体力や体温を保つためのエネルギー消費のことで、
ダイエットには必要不可欠の要素で代謝が減れば当然太りやすくなるわけです。

 

つまりカロリーを気にするのはもちろん大切なことですが、
栄養素を何より考えなければダイエットは成功しないということです。

居酒屋でもタンパク質を中心に食べれば痩せやすい体をつくれる

遠い遠いはるか昔の食事情といえば魚や大豆、
それに卵とタンパク質が中心の生活をしていました。

 

ただ知ってか知らずかは分かりませんが
昔の日本人は”脂肪が燃えやすい体づくり”をしていたようです。

 

ちなみにタンパク質の主な成分は

◎食べ物の消化補助

◎体の循環を助ける

◎筋肉をつくる

 

代謝量を多くするには筋肉の量で決まるので筋肉の材料となるのはタンパク質、
それに食べ物の分解と消化する酵素もタンパク質から取り入れることができます。

 

お米とか野菜にもタンパク質は含まれますが肉や魚、
それに卵や大豆からのが”良質なたんぱく質”を摂取することができます。

 

ちなみに良質と言われる理由は『アミノ酸スコア』と『生物価』なのですが
専門用語になるので詳しくはグーグルでググってみてください。

 

ここで話を戻して居酒屋で美味しく料理を食べながらも痩せる体質にできる料理を紹介すると、

納豆や冷奴などの大豆料理。

マグロのお刺身。

砂ぎも、鶏もも、レバーなどの焼き鳥です。

飲み物と一緒に組み合わせれば居酒屋で飲み食いしても痩せやすい体は作れる

 

以前はお酒だって上手に飲めば痩せれる話をしましたが痩せたいからといって
カロリーを気にして料理を食べずにお酒だけ飲むのは体にも悪いですし日常生活に支障をきたします。

 

それに今回のことを意識してみるだけで食べたい料理をお酒のつまみにすることができるので
決して無理をすることはないということを分かっていただけたと思います。

 

頼む料理には意識しないといけないですが味のしないアプリで栄養を補って我慢してストレスをためるくらいなら、
居酒屋で栄養も補って楽しいお酒を飲んだダイエットのほうがいいですよね♪

スポンサーリンク
おすすめの記事