ネットにレビューがなくてもおいしいお店は近所にある。

ブログで書くことはたくさんあるのに、

パソコンの前に座ると脳内が停止。

スランプかもしれません。

 

日常でも気分が乗らない時ってありますよね。

そんなときはどうやってメンタルリセットするのかが一番大事。

 

僕の場合は普段の生活がマンネリするのがいけないんだと思ったので、

気分転換と勉強を含めてお客様と行ったことのない居酒屋に行ってきました。

 

 

送迎の帰り道に偶然通った道にあった居酒屋

 

今回足を運んだ居酒屋はお客様の送迎で通った道にあったのがきっかけでした。

住宅街の道路に飲んべえを誘うようにあったかいお店の光。

 

僕:「Iさん、ここって行ったことあります?」

Iさん:「近所に住んでるけどないよ。今度いってみようよ。」

僕:「ぜひぜひ♪知らないお店にいって勉強したいです。」

 

お客様もその会話を覚えてみてくれてたみたいで、

日にちを決めていってきました。

 

だけどそこのお店はネットで調べてもレビューとか書いてないんですよ。

現代っ子としてはレビューがないお店=お客さんが来ない=美味しくない

こうインプットされているからほんとは不安だったんです。

 

入ってみたらレビューがないなんて不安はなくなりました。

 

知らない個人居酒屋に入るまでのドキドキ感って

紹介された異性と初めて会う感覚に似てる、

そう思うのは僕だけでしょうか。

 

お店は外観で知ってる。

これはラインをやりだして顔は写メで知ってる。

 

店内に入ってお店の空間を感じる。

これも異性と会った時に「あ、こんな感じの人なんだ」っていう印象を感じる。

 

ほら、なんか似てません?

 

それで話を戻すと今回お邪魔したのは

岡崎市の六名にある”串さん”

 

正直入った瞬間、僕このお店なんか好き!!ってなりました。

なんていうんでしょうか、レビューを書くような若者が来るお店ではなく、

昔からの常連さんを大事にしているような居酒屋。

 

店内も時がゆっくり流れてお酒を飲める大人の空間でした。

頼んだメニューもすべてが新鮮!美味すぎる!

 

居酒屋をやっていれば当然気になるのはメニュー。

どうせなら普段食べれないようなものを注文しようと思い、

頼んだのは金目の煮つけ。

大人のあなたなら何回も食べたことがあるかもしれませんが、

僕はこの日が初体験!

 

こんなに美味しい魚がこの世に存在していることに感動しました。

煮つけたタレも抜群で身に絡んでて、美味しいの一言。

金目の1ほぐしで焼酎2杯はいけます。

 

そのほかにもサクラホッケとか色々注文したけど、

おいしさに感動して写真とるの忘れました。

 

つまりそれだけ串もとさんの料理が絶品でした。

ネットの情報でお店を探さず自分の足で探したほうがおいしいお店は見つかる。

 

今の時代ってご飯を食べるところも居酒屋もネットで調べて、

レビューがいい場所に行くのは普通かもしれません。

 

でもレビューがいいからと言って、

実際にそのお店にいったらそんなに美味しくないけど。。。

 

あなたにもそんな経験ありませんか?

 

ようするにレビューがいくら書いてあっても

あんなんものはあくまで参考でしかないということです。

 

他人と自分の感覚なんて違うので、

いくら★4つ以上としても美味しいとは限らないですよね。

 

だから本当に居心地のいいとか、

料理がおいしいお店を探すときは

レビューなんかに影響されずに気になったお店に突撃する。

 

これが一番気に入ったお店を探せる方法かもしれません。

その他に美味しいお店を探す方法があります

 

突撃するにも勇気がいるし実際に入ったら雰囲気が悪いかも。

そう思う人はレビューで探す以外にもお店を探す方法があります。

 

それは、、、

寿木にきて飲んでいる人に聞いてみる。

 

うちの常連さんたちは昔から六ッ美に根付いて、

いろんなお店に自分の足で通っていたので

ここが美味しい、ここが不味いと熟知している人がたくさんいます。

 

それこそお手軽な値段で行けるお店だったり。

デートで使うならここがおススメとか。

 

まさに実体験に勝るものなしです。

 

どうせお金を払って飲み食いするなら美味しいお店がいい。

そう思ったら、とりあえず寿木にきて情報交換してはいかがでしょうか。

 

PS

僕も岡崎市に住んでいながらまだまだ知らないお店がたくさんあるので、

ここがおススメだから行ってみろよってお店教えてください。

 

それか、ここが気になるから一緒に行ってくれない?

これも大歓迎です。