久しぶりに会ったお客様から聞いた驚愕の事実

こんにちわ、岡崎市で喫茶店と居酒屋やってます喫茶寿木(すぎ)です。

 

忙しい時間をぬって久々に会いに来てくれたお客様が先日ご来店。

そのかたはブログで何回も登場したアリノウイルスの張本人。

 

またインフルネタかよって?

いやいや。詳しく話を聞いたら事実と異なったのでそのことを謝罪も含めて今日のネタにしようと思ったので、暇な時間にお付き合いください。

 

 

昨日、その前と雪が降り足もとがおぼつかない中で遊びに来てくれたAちゃん。

仕事が忙しいのにも関わらず「顔忘れられちゃうと思ってきたから来た」

とかなんとか可愛い言葉と一緒に登場してくれたわけです。

 

それで最近あった近況報告の話から

寿木(すぎ)の話になって、アリノウイルスで杉浦家が大変だったよと伝えたら、、、

「ブログ見てたけど、俺インフルはB型だよ?」

 

・・・・・なぬ!?

 

うちの家族は皆A型にかかっていたんですけど!?

 

どうもインフルエンザに感染した僕ら家族。

しかし結果はアリノウイルスではなかったらしい!

 

てっきりAちゃんからの感染だと思っていたのに、

勝手な先入観が先走りすぎたのがこの結果でございます。

 

本人には昨日謝罪をしてお許しを頂きましたが改めて、、、

申し訳ございませんでした!!!!

 

失礼極まりない無礼を笑顔で許してくれたAちゃん、

インフル話がきっかけで夜遅くまで二人で語った一夜になりました。

 

それで話はさかのぼって出会った時の話になったんです。。。あ、別に恋人でもなんでもないですけど。

もしあの瞬間、あの時間帯にもし出会ってなければ僕らは今こうして喋ることはできなかっただろうという内容。

 

Aちゃんという人柄の良さがなければ僕も喋ることはなかっただろうし、

逆に寿木というお店を気にいってにらえなかったら今はないよねって。

 

アリフルエンザって言ってブログ書いていい?

って言った時も快く承諾してくれたお兄ちゃんみたいなお客様。

 

奇跡の出会いから早2か月が経つけどこうやって二人で語れるようになる関係性って最高だと思いません?

人は出会ってからの時間が長いから仲がいいのではなく、どれだけその人と向き合ったか。

 

それが人間味ってものではないかと僕は思います。