こんにちわ、虫の息状態で日常を送ってます。

岡崎市で喫茶店と居酒屋やってます喫茶寿木のフミです。

 

赤ちゃんが産まれて数日が経ちましたが会いに行けてません。

 

パソコンを触るのもこうしてブログを書いているのも、
ボロっボロの雑巾ぐらいにすさんだ精神状態です。

 

なぜ僕がこんな状態になってしまったのか・・・

 

全ての原因

『A-ウイルス』

別名

『アリフルエンザ』

 

こいつのお陰で日夜動きっぱなしの寝不足状態になるまで追い詰められました。

 

さかのぼること12月31日。

 

この日は着たい人が年の最後を寿木で過ごしてくれたらと思いお店を開いていました。

しかしその場所にはすでに『A-ウイルス』がまき散らされていたのです。

※注※ウイルスをまき散らした犯人。

 

最初の犠牲者は長男。

大晦日の日はじめはご飯をもりっもり食べていたけどなぜか部屋に行くと言い出し
24時の神社参りも行かないと言い、正月になってもぐったり。

 

そして次の犠牲者は僕。

 

3日から体調がパチンコの激熱で外すくらい悪く、友人とあそんでも気分が乗らず。

もともと熱を測るのも嫌いなので何度あるかわからないけど2日間立ち上がれないくらいの状態。

おそるべし『アリフルエンザ』

そして三人目の犠牲者はゆな。

 

前回のブログでも書いたように体調が絶不調で赤ちゃんを産みました。

過酷な状況で出産しましたが元気な子が産まれたのが不幸中の幸い。

 

『A-ウイルス』はこれでなくなるだろう。

そう思っていたのもつかの間。

 

四人目の被害者、はっちゃん。

朝は普通に仕事をしていたらしいが昼頃に体調不良を訴え撃沈。

病院に行った結果『アリフルエンザ』

 

ただいま三日目なので体調も戻りご飯を食べれるまでになりましたが
二日目なんて部屋の匂いも加齢臭なのか汗の匂いなのか分からない匂いが充満してくっさいのなんの。

 

悲劇はこれで終わりではありませんでした。

5人目の犠牲者、長女。

 

ゆなもいないということで僕が朝、保育園に送って行った時は普通でした。

はっちゃんも寝込んでるのでランチを手伝っている時に、保育園から電話が。

 

『熱を出したから迎えに来てください』

 

嫌な予感しかしない。。。。

案の定『アリフルエンザ』

結果、今日に至るまで5人の犠牲者をだした『A-ウイルス』おそるべし。

 

もうさ。。今年の年始。。。

不幸とトラブルが全部来た感じ。

 

でもおばあちゃんがランチを手伝ってくれたり。

安城のおばあちゃんが子供の面倒を見てくれたり。

長男が洗濯や風呂掃除をしてくれたり。

 

人は皆で協力すればなんとかなるってことがここ数日で証明されました。

これもある意味『A-ウイルス』のお陰もあると思います。

 

今週を乗り越えれば僕の家族は全員集合。

はっちゃんも復活。

 

つまり良いことしかないので、やりきります!

弱音とため息は諦めた時だけ。

 

笑って残りの数日を過ごそうと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事